岡山市南区の司法書士堀川雄史が綴る

「自分は運が良い」

「自分は運が良い」

 

パナソニックの創業者である松下幸之助さんが、採用面接の時に必ず「あなたは運が良いですか?」という質問をしていたことは、とても有名です。

 

松下幸之助さんのこの質問の意図は様々あると思います。

 

 

 

私は、「自分は運が良い人間だ」と言う人は、自分にどんなことが起こっても、そのことに対して感謝ができる人だと思います。

 

どんなことでも、例えそれが一見すると失敗だとか無駄な時間だとか思えたりするようなことであっても、必ずそこから何か1つでも学びを見つけることができる人は、その自分に起こったことに対して感謝することができます。

 

「私にこんな経験をさせ、学ばせてくれて、ありがたい」

 

「私はこんな経験ができ、学ぶことができて、運が良い」

 

何が起こってもこのように思うことができるということは、つまり、どんなことからも何かの学びを得ることのできる人だということです。

 

そのため、自分に起こる全てのことを糧にして、どんどん成長していくことができる人なのです。

 

「自分は運が良い人間だ」と言う人は、成長のスピードが早い人だとも言えると思います。

 

 

 
トップへ戻る